HOME > 巻爪治療

巻爪治療

topimg_04.jpg
spange_top_555.jpg

 巻爪(まきづめ:彎曲爪)は、足の爪が横方向に曲がっている状態をいいます。親指の爪に起こる場合が多く、巻き込む形や深さの程度によっては、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こすことがあり、それを陥入爪と言います。巻爪と陥入爪は併発することが多く、一般には、両者を特に区別せず巻爪と言うことが多いようです。

spange_lisence.jpg

なぜ、巻爪になるの?

  • why_01.jpg
    • 【爪切り】
    • 間違った爪切りを行なうと様々なトラブルが生じます。巻き爪になったり陥入爪(かんにゅうそう/爪が皮膚に食い込んだ状態)になったりします。特に「深爪」は巻爪のもととなりやすいので気を付けましょう。
  • why_02.jpg
    • 【靴】
    • 足にあっていない窮屈な靴は巻き爪や外反母趾、内反小趾などといった色々な足のトラブルを作ります。
  • why03.jpg
    • 【爪疾患】
    • 爪が水虫になると、爪は分厚くなり巻いてくる傾向にあります。爪水虫は痛くも痒くもないので気がつかない事が多く、放置すると巻き爪が進行したり、手足の爪全てに広がったりする場合があります。疑わしい場合は病院で検査をし、爪水虫ならば、治療の後に巻き爪補正をしましょう。
  • why04.jpg
    • 【体重】
    • 慢性的な肥満や急激な体重の増加はゆび先への無理な圧迫で巻き爪や陥入爪になる事があります。特に妊婦の場合、短期間で急激に体重が増加するため、それがきっかけとなる場合があります。
  • why05.jpg
    • 【遺伝】
    • 巻き爪の原因を全て排除し、長期間巻き爪補正を行なっても新しく生えてくる爪が常にひどく巻いてくる場合があります。健康状態に問題が無い場合には遺伝的な巻き爪が疑われます。父母兄弟に巻き爪があれば遺伝的な巻き爪になります。
  • why06.jpg
    • 【ケガ】
    • 爪が深い位置で割れたり、怪我が元で爪が抜け落ちたりすると陥入爪になる確率が高くなります。陥入爪は、爪切りが困難なため、爪端にトゲができて皮膚が膿んでしまい、ひどくなると肉芽ができて激しい痛みを伴います。
  • why07.jpg
    • 【健康状態】
    • 医学書によると健康状態が8割程度の場合で爪に現れるといわれています。内科疾患が元で爪の色が変わったり形状が変化する事があります。
  • why08.jpg
    • 【加齢】
    • 爪は肌と同じで年を重ねるごとに乾燥します。乾燥すると縮むので巻き爪になり易くなります。また加齢と共に爪に厚みがでてきます。
  • why09w.jpg
    • 【喫煙】
    • 血管の抹消部の血流が悪くなり、巻き爪になりやすくなります。当院の症例に於いても95%の患者様が喫煙をしていました。

why_10.jpg上に挙げたようなものが、主に巻爪の原因と言われていますが、最近の研究では、爪はもともと巻く性質を持っており、爪に圧力がかからないと巻いてくることが分かっています。手の指で物を掴んだり、足の指を踏ん張ったりすることで指に圧力がかかり、爪が平らになるのです。従って、合わない靴を履き続け、指にきちんと体重がかけられなかったり、ケガなどで指を浮かせたままの状態が続いたりすると巻爪を起こしやすいのです。

BS/スパンゲ(B/S SPANGE)を使った治療とは..

SPANGE-logo.jpgB/S SPANGEは、ドイツで発明された、足の爪の食い込みに対するケア法です。B/S SPANGEは特殊なプラスチック製の平らなスプリングで出来ており、痛む爪の表面に直接接着して使用します。


この時、皮膚や爪を傷つけることはありません。また、スプリングの力が爪全体に分散するため、どこか一部分を強く圧迫することがなく、痛くない巻爪のケアが可能です。

【B/S SPANGEの主な特長】

  • 施術時間が短い。
  • 安全に接着出来る。
  • 装着により爪の根本も影響を受け、巻爪の癖が改善される。
  • 痛みを即効的に軽減することが出来る。
  • 続けて装着することにより、爪甲が広がり、平らになる。


当院では、B/S SPANGEを装着するとともに、カウンセリングを行ない、爪の長さと形、靴選び、日頃の手入れ等の大切さをよくご理解頂き、再発防止および予防への努力をして頂いています。

接骨院、治療院、病院などでも使用されることがありますが、宮崎県児湯郡エリアの接骨院ではB/S SPANGEを装着できるのは当院だけです(寺原接骨院は B/S SPANGE の取り扱いを正規に認められています)。
なお、施術は予約制になっております。電話で予約をして、ご来院ください。

【ご了承ください】
BSスパンゲは爪を矯正させる事を目的としています。医療行為ではありませんので、税制上の医療費控除の対象にはなりません。

  • spange-at01.jpg
    • 巻爪を起こしている、爪の表面にB/Sスパンゲ(特殊プラスチック製の平らなスプリング)を接着剤で貼り付けます。施術時間も短く、安全に装着できます。
  • spange-at02.jpg
    • 爪の痛む箇所に直接装着でき、皮膚や爪を傷つけることなく接着するため、痛みを伴うことが少ない矯正方法です。
  • spange-at-03.jpg
    • B/Sスパンゲの反張する力により、巻いている爪を反対方向に持ち上げ矯正していきます。スプリングの力は爪全体に分散し、どこか一部分のみを強く圧迫するようなことはありません。
  • spange-at04.jpg
    • 爪の根元もB/Sスパンゲの反張力の影響を受け、改善されるとともに、痛みを即効的に軽減することができます。
  • spange-at05.jpg
    • 続けて装着することにより、爪甲が広がり、だんだんと平らになってきます。施術者と相談しながら、適切な期間を選び装着しましょう。

治療中のネイルケアについて

【B/S SPANGE 装着時のネイルケアの方法】

  • 子供の爪に装着した場合、最初の2週間は、スパンゲの反張する力が強いため取れやすいです。(取れたスパンゲがある場合はお持ちください)
  • 装着後は爪は切らずにヤスリで削ってください。(気にならなければ次回来院時に当院でカットいたします)
  • カラーリングはOKです。リムーバは溶けるので使わないでください。

【下記のことは控えてください】

  • 正座をする
  • きついストッキング・タビ・靴下タイツを履く
  • ヒールの高い靴を履く(3㎝まで)
  • 爪をふまれる可能性のあるスポーツをする
  • 喫煙をする(再発の可能性が高くなります)

万一、4週間以内に取れた場合はお電話にてご連絡ください。
装着後2週間以内に取れた場合には、材料費のみで再装着させていただきます。

正しい爪の切り方

巻爪を起こす原因のひとつに、誤った爪の切り方があります。手の爪は丁寧に手入れしていても、足の爪には、無頓着という方も少なくありません。足のつめの手入れをおろそかにしていると巻爪(陥入爪)以外にも、爪が割れるなど様々なトラブルを引き起こします。ここでは、正しい爪の切り方を説明します。

neil_clipping.jpg

(B/Sスパンゲを使った)巻爪治療の Q&A

Q.なぜ巻爪になるのですか
A.きついストッキング・タビ・靴下タイツ・足に合わない靴などを長時間使用する事でなります。先天的な場合もあり、第一趾(おやゆび)以外も巻いている場合は、先天的要因も考えられます。詳しくは上の「なぜ巻爪になるの?」をご覧ください。
Q.装着する時痛くないですか?
A.爪を傷つけず、爪の表面にプレートを接着剤で貼るだけですのでほとんど痛みはありません。
Q.装着後にやってはいけない事はありますか?
A.装着後プール・半身浴・サウナなど、長時間水につかる事は控えた方が良いです。(絶対禁止ということではありません)
Q.だれでも装着できますか?
A.年齢、性別に関係なく装着できます。ただし、爪の病気(爪水虫)にかかっている人、爪の周りが化膿している人、爪が縦に割れている人は、治してから装着しましょう。
Q.価格はいくらしますか?
A.1枚4,000円です。両足に施術する場合、4,000円×2で8,000円かかります。稀ですが、巻きがきつい方には、片方に2枚張る場合もあります。
Q.一回の施術でどのくらいもちますか?
A.一ヶ月は、はがれません。万一、2週間以内ではがれた場合は、材料費のみで貼り替えます。
Q.巻爪の治療方法は他にもありますか?
A.針金状の形状記憶合金を爪の先につける治療方法もありますが、爪が長くないとつけられません。また、整形外科等では手術などの治療を行うことがあるようです。
Q.簡単に施術できるということですが、来院すればいつでもすぐに貼ってもらえますか?
A.施術そのものは簡単でも1枚貼るのには15~30分くらいかかります。ですので、申し訳ございませんが、必ずご予約のうえご来院ください。
Q.B/Sスパンゲで治る仕組みを教えてください。
A.爪の表面に、もとの形に戻ろうとする力の強い特殊なプラスティック製の板バネを貼りつけ、その力を利用して、巻いた爪をもとの形に矯正していきます。詳しくは、上の「BS/スパンゲ(B/S SPANGE)を使った治療とは..」をご覧ください。
Q.治るのに、どのくらいの期間かかりますか(装着期間はどれくらいですか)?
A.症状によりますが、最短で3カ月から、最長で1年間ぐらいです。詳しくは下記の目安表をご覧ください。

爪のタイプ 痛みの軽減(効果)まで 装着期間 貼り換え間隔
比較的薄いタイプ 早くて:当日~翌日
遅くて:3日以内
3か月~ 1か月(※)
普通~厚いタイプ 早くて:3日以内
遅くて:1週間以内
5か月~ 1か月~1か月半
カーブのきついタイプ 早くて:3日以内
遅くて:10日以内
6か月~ 3週間~1か月

(※)爪の薄い方は、効果も出やすいですが、元にも戻りやすい傾向にあります。